年齢を重ねると、気になる症状が薄毛・抜け毛です。

頭皮が透けて見えるほどではなくても、髪のボリュームが減ったり、髪にツヤやハリがなくなったり、髪の毛が細くなったりと、若い頃と比べて髪の変化を感じている女性は多いものです。

その大きな原因は、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少です。

エストロゲンは、髪の毛の成長を促し、健康な毛髪を育てる働きがあります。

エストロゲンの分泌は30代前半がピークで、その後急激に減少します。

エストロゲンが減少すると、髪が生え変わるサイクルが乱れ、髪が成長する期間が短くなる一方で、成長が止まる期間が長くなります。

すると、健康な髪が育つ環境が損なわれ、抜け毛が多くなったり、生えてくる毛が細くてコシがなくなり、全体的に髪の毛のボリュームが減ります。

このように、加齢によってエストロゲンが減少すると、薄毛・抜け毛が気になるようになりますが、症状を悪化させる原因は、誤ったヘアケア、ストレス、偏った食生活、生活習慣の乱れなども関係しており、トータルなケアが大切です。

髪のエイジングケア対策は、まずはホルモンバランスを整えることから始めましょう。

質の良い睡眠を取り、バランスの良い食生活と適度な運動を心掛けます。

大豆製品に含まれるイソフラボンにはエストロゲンに似た働きがあるため、エイジングケアにはおすすめです。

また、自分なりのストレス発散法も見つけると良いでしょう。そして、薄毛・抜け毛の症状の改善に欠かせないのが、頭皮環境の改善です。

頭皮の毛穴が詰まっていたり、乾燥していると、健康な髪が育つことができません。

健康な髪が育つように頭皮環境を整えるためには、女性育毛剤でケアするのが効果的です。

女性育毛剤には、頭皮環境を改善する有効成分や美容成分が豊富に含まれています。成分の多くは天然由来のものですし、ほとんどの女性育毛剤は無添加や低刺激を謳っているので、炎症やかゆみなどの症状がある頭皮にも負担をかけずに使用することができます。

万一、肌に合わなかった場合は返金してくれるサービスを提供しているメーカーもあるので、購入前に確認しておくと良いでしょう。

女性育毛剤を使った髪のエイジングケアでは、頭皮に塗布し、マッサージを行い、血行を促すのが有効です。血行が悪いとせっかく栄養のある食べ物を取っても、その栄養が毛根にまで届けられません。

女性育毛剤の効果は多くの場合、効果があらわれるまで時間がかかるので、じっくりと取り組むようにしましょう。