女性の体は女性ホルモンに大きな影響を受けていますが、妊娠・出産は女性ホルモンのバランスが大きく変化するため、様々な変調が起きやすくなります。

その一つが産後の抜け毛です。

これは、分娩後脱毛症とも呼ばれ、多くの場合、出産してから2ヶ月~3ヶ月くらい経つと、症状があらわれ始めます。

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンは通常よりも分泌量が多くなりますが、出産後は両方ともが急激に減少します。

エストロゲンには、髪の成長を促し、健やかな毛髪を育てる働きがありますし、プロゲステロンにも育毛をサポートする働きがあります。

妊娠中は、これらのホルモンが増えるために、髪の毛は成長する期間が長く続きます。

髪の成長期には、毛根の先端にある毛母細胞の活動が活発になります。

細胞分裂が繰り返され、髪が作られ、成長します。

しかしながら、出産後は両方のホルモンが急に減少するため、髪の成長が止まる休止期に移ります。

この時期は、毛母細胞の細胞分裂は止まるため、髪の毛の成長も止まります。

また、古い毛が抜ける時期でもあるので、休止期が長くなると、抜け毛が多くなり、髪のボリュームが減ります。

さらに、出産後の過ごし方によっては、抜け毛や薄毛を悪化させてしまうことがあるため、気を付けなければいけません。

例えば、睡眠不足や育児ストレス、過度なダイエットは、女性ホルモンの働きを低下させるため、より症状を深刻化させてしまう場合があります。

産後の抜け毛は、女性ホルモンが整ってくれば自然と元に戻ると言われています。

ですが、人によっては回復しない場合もありますし、早い改善のためにも、ケアはしておいた方が賢明です。

まずは、ホルモンバランスを整えるために、規則正しい生活やバランスの良い食事を心掛けることが大切です。

そして、ストレスをためないように、自分なりの解消法を見つけるようにしましょう。

さらに、乱れたヘアサイクルを整えるために、女性育毛剤を使用するのもおすすめです。

女性育毛剤は、有効成分や美容成分が豊富に含まれたものを選びましょう。

有効成分が毛母細胞の働きを活発にし、ヘアサイクルを整えます。

ヘアサイクルが整うと、成長期が長くなるため、髪が成長します。

また、授乳中でも安心して使用できるような処方で作られた女性育毛剤を選ぶことも大切です。

産後の抜け毛専用に作られた女性育毛剤もあるので、試してみてもよいでしょう。