昔は薄毛と言えば男性特有の症状という認識がありましたが、今は女性の薄毛が増えています。

ストレスは髪の大敵と言われており、ストレスを溜めやすい環境にある方ほど髪が薄くなりやすいのです。

人間が感じる最大のストレスは仕事のストレスだと言われており、女性の社会進出によって男性と同じようにストレスを感じるようになったことが薄毛の原因として大きいのでしょう。

ストレスは肌を緊張させて硬くする性質があるため、頭皮が硬くなっている方は注意が必要です。

頭皮が硬くて指で動かしにくい状態になると、やがて抜け毛が増えてくるのが普通です。

頭皮が血行不良を引き起こしており、毛根に栄養が届きにくい状態にあるのです。

こうした状態で女性育毛剤を使用しても、効果を十分に発揮することはできません。

女性育毛剤にも血行促進効果はありますが、頭皮マッサージも併用するべきでしょう。

マッサージで頭皮を柔軟にすることで、頭皮の緊張やストレスを解消することができるのです。

それによって髪がコシを持つようになり、少しずつ太く長くなっていきます。

髪の成長には時間がかかりますが、男性よりも発毛は顕著に感じられるでしょう。

女性の頭髪は男性ホルモンの影響を受けにくいため、男性のような著しい薄毛になることは滅多にありません。

女性育毛剤は頭皮の化粧水や美容液の役割があるため、将来の薄毛予防として使うこともできます。

女性は30代で著しい薄毛になることは少ないですが、30歳くらいから使用しておけば将来もフサフサを維持できるでしょう。

男性脱毛症のように抜け毛が著しく増えることは少ないですが、女性の場合は全体的に髪が寝るようになります。

ブラシをかけたり、髪が濡れたりしたときに、以前より薄くなったと感じる方が多いようです。

抜け毛の本数に変化がなくとも、全体的に細くなってくるのでボリュームが減ったように見えるのが特徴です。

女性育毛剤は1本使い切るころには、頭皮との相性がわかってきます。

敏感肌、乾燥肌の方も使えるように低刺激にしているのが女性育毛剤の特徴ですが、頭皮によってある程度の相性はあります。

使用後、一時的に抜け毛が増える好転反応が生じる場合もありますが、これは放置しておいても自然と治っていくでしょう。

ただ数週間も抜け毛が多い状態が続くのであれば、頭皮に合っていない可能性もあります。

いずれにせよ、1本を使い切るころには相性、育毛効果などを実感できるはずです。