ピーリングをすると肌が柔らかく白くなり、シミやニキビにも効果があるならやってみたい!と考える人もいるでしょう。

しかし、乾燥肌や敏感肌の方はピーリングを避けた方が良いかもしれません。

ピーリングは本来は落ちるべき肌の角質層が落ちずに肌に残ることでかさつきやくすみの原因となっています。

そのような「角質層が厚く残っている人」に対してはピーリングは効果があります。

角質層が厚く残っているのは、肌のターンオーバーが遅くなってしまっているのです。

肌のターンオーバーは28日周期だと言われています。

それよりも遅くなってしまうと新しい角質ができても肌の表面に現れることができないのです。

ピーリングを行うことで肌のターンオーバーも正常になるため、肌表面の角質層はいつも新しいものになります。

しかし肌のターンオーバーが早いことが原因で乾燥肌や敏感肌になっている人には、ピーリングは不向きです。

肌のターンオーバーが早すぎるのは、角質がしっかりと育ち切らないまま肌の表面で外部の刺激から守ったり、内部の水分が蒸発するのを防がなければならないことを意味しています。

未熟な角質は本来ならしっかりとあるはずの細胞の間のセラミドなどの保湿成分が不足し、外部の刺激から肌を守ったり内部の水分の蒸発を防ぐことができないために乾燥肌や敏感肌になってしまっているのです。

乾燥肌や敏感肌の人はピーリングの前にまずは肌のターンオーバーを正常化させる方が重要になります。