ピーリングをすると肌が白く柔らかくなり、シミの改善も見られます。

何度でもやりたいところですが、回数や頻度を間違えると、逆に肌にダメージを与えてしまうことになりかねません。

ピーリング剤によって回数や頻度は変わってきますが、1週間に1度くらいから初めてみて、自分の肌の具合を見ながら回数や頻度を増減していくのが良いでしょう。

ピーリングは肌の古い角質層を除去するためにフルーツの酸などを使っています。

ピーリング後の肌は一時的にではありますが敏感肌になり乾燥しやすくなるほど強い効果のあるものなので、あまり頻度を上げすぎるのは控えた方が良いでしょう。

やりすぎることによる問題にはどんなものがあるのでしょうか。

肌の一番表面にある角質層は、外部の刺激から守り、内部の水分を蒸発しないようにして肌を守っています。

肌の内部から細胞がどんどんと表面に挙がって来て古い角質はアカとして剥がれ落ちるというサイクルで肌を守っているのですが、ピーリングは肌の一番外側で守ってくれている角質層をはがしてしまいます。

通常、肌の新陳代謝は28日周期になっています。

ピーリングをすることで28日周期よりも新陳代謝が早くなると、本来ならまだ肌の奥にいるはずの細胞が肌の表面に現れてしまいます。

まだ未熟で肌を守ることができないため、肌が荒れたり乾燥、またニキビなどのトラブルが発生してしまうことがあります。

使用するピーリング剤の説明をよく読み、必要な角質層を取りすぎないように注意が必要です。