肌が白くなる、毛穴の黒ずみやくすみも一度で解消してくれるピーリング。

それだけでも嬉しいものですが、定期的にピーリングを行うことによるメリットはほかにもあるんです。

キメが粗い、触り心地がざらざらしている。こんな肌は、古い角質層が残っているからかもしれません。

肌のターンオーバー(新陳代謝)は約28日周期で行われています。

細胞は肌の内部から徐々に表面に押し上げられてきて、最後はアカになって肌から剥がれ落ちるのです。

古い角質層はターンオーバーがその周期よりも遅い時に肌に溜りがちだと言われています。

古い角質層が肌に残っているからざらざらとした感触になり、角質層が重なり合ってくすんでしまいます。

ピーリングは、肌のターンオーバーを正す役割をしてくれます。

残っている古い角質層をはがすからと言って、ターンオーバーを早めるわけではありません。

ピーリングは本来ならはがれているはずなのに肌に残っている角質層をはがし、新しい角質層が肌の表面に現れるようにしてくれるのです。

日ごろのストレスや不規則な生活、バランスの崩れた食生活や短い睡眠時間で肌のターンオーバーはあっという間に乱れてしまいます。

そのため、定期的にピーリングをして古い角質を落とすことで、白くくすみのない柔らかな肌を保つことができるのです。

肌表面のターンオーバーを正常に保つことにより、肌のバリア機能が働いて外部からの刺激にも負けない肌を作ってくれるのです。