普段の美容ケアでは落としきれない古い角質をきれいに落として、肌のターンオーバーを導いてくれるのがピーリング石鹸です。

ピーリング石鹸に利用されているAHAはリンゴ酸やクエン酸、乳酸などがあり、フルーツから採取されることが多いため、総称してフルーツ酸と呼ばれることもあります。

自然界に存在する成分なので、デリケートな顔部分の美容ケアが手軽に始められ、ピーリング石鹸で定期的に角質除去ができます。

顔の角質が残ったままになってしまうと、毛穴が詰まってニキビの原因になり、ターンオーバーがうまくいかずに顔色がくすんでしまうことがあります。

ピーリング石鹸の使い方はとても簡単で、石鹸を泡立てて洗顔するだけで余分な角質を除去する働きが期待できます。

価格もとてもリーズナブルで美容に役立つさまざまな種類のピーリング石鹸が販売されています。

ピーリング石鹸に使われるAHAは種類によって作用の強さが異なります。

敏感肌の方はまずは比較的作用が控えめなクエン酸やリンゴ酸を配合した物を使ってみましょう。

AHAの中でも作用の強いトリクロロ酢酸(TCA)は、角質除去の効果はかなり高いのですが、その分皮膚への刺激も強くなります。

顔などのデリケートな部分に利用する際には、まずは刺激の弱い成分から試してみると安心です。

また、配合されているAHAの分量も選べるので、ピーリング石鹸を選ぶ際には配合されているAHAの種類とその配合率を確認しておくとワンランクアップした美容ケアが行えます。